原稿データの作成時には、下記の点にご注意ください

  • データ入稿の際は、そのままテープの印刷が可能な完全原稿データでご入稿ください。また、完全原稿がお客様にてお作りいただけない場合には、「おまかせコース」をお申し付けください。おまかせコースは入稿データの状態により、費用のお見積もりが変わります。
  • 入稿データの形式は、できるだけAdobe Illustrator形式(Ai)のアウトラインデータをご用意ください(※)。Ai形式でのデータが準備できない場合、PDF形式のほかPSD、JPGなどの画像データ、ワード、パワーポイントなどの形式でもご入稿をお受けいたします。原稿の状態を拝見したうえテープ原稿を弊社で作成します。(別途費用が必要となる可能性があります。)
  • Ai形式でご入稿の場合、カラーモードをCMYKに設定してください。色の掛け合わせやグラデーションも表現できます。
  • 印刷結果の色合いが紙への印刷やPCモニターでの表示とは異なる場合があります。特に掛け合わせが必要な中間色はイメージと印刷結果が異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 原稿作成時ピッチ長は合計300mmとしてください。それ以外のピッチをご希望の場合別途ご相談ください。
    また、テープ幅に対して両端から各最低1mm合計2mmは余白としてください。
    弊社指定のサイズで原稿をお作りいただける場合、完全総柄のデザインでも作成可能です。
    ピッチ長および余白については当社指定以外のご希望がある場合、別途料金のお見積もりが必要となる場合があります。
    原稿作成のイメージはこちらのイメージ図をご参照ください。

    マスキングデジテープ 原稿作成イメージ(PDF形式)

    なお、AI形式のテンプレートもご用意しておりますのでご利用ください。

    データ入稿用テンプレートファイル(Adobe Illustrator CS形式)
    ※zip形式で圧縮済み

  • 金色/銀色/蛍光色など特色は表現できません。
  • 仕上がり確認のため、メールにて仕上がりイメージ(JPEG画像)をお送りいたします。問題がなければ、校了のご返信をお願いいたします。
  • 校正刷はしておりません。仕上がりイメージでのご確認のみとなります。
  • 入稿データの状態により、別途修正費用などが発生する場合があります。
  • いったん原稿をご入稿いただきました後の再入稿は、当社から修正依頼をお願いした場合の再入稿を除き、1回につき2,000円の再入稿手数料を頂戴します。
  • 断裁時の位置誤差が最大1mm程度発生する可能性があります。その場合デザインの中心がテープ幅の中心から上下にずれる場合があります。(本テープの製造上の誤差となりますのであらかじめご了承ください)
  • 原稿に写真が入る場合、Illustratorでの配置指定とともに、別途(Photoshopの)epsファイルも必要になります。また、原寸使用で350dpiの解像度が必要です。
  • 納品時の状態は個包装のない状態で適量ケース詰めとなります。個包装をご希望の場合は、別途個包装オプションをお申し込みください。
  • 特にご希望のない場合、テープの巻き方向は頭出しとなります。尻出しをご希望の場合、ご注文時にお申し付けください。

  • 納品時の状態は個包装のない状態で適量ケース詰めとなります。個包装等のご要望は別途ご相談ください。
  • 作成上の都合により出来高が定数より不足する場合がまれにあります。不足数が定数比5%以内の場合、不足数分を代金頭割りにて返金対応させていただく場合がございますのでご了承ください。
  • 第3者の権利を侵害する恐れのある内容や公序良俗に反する内容の印刷はお受けいたしかねます。
  • 本製品は韓国製となります。
  • その他、ご不明な点などがありましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

※作成したOPPテープは、当社ホームページなどで作成事例等としてご紹介させていただく場合がございます。

原稿作成時のお願い

マスキングデジテープは下記イメージのように原稿を並べて印刷し、実線の位置でカットして製造します。各テープの隙間がないので、図柄や文字がテープ幅より大きいとデザインが切れたり、隣り合って面付けされたテープにはみ出た部分が印刷されてしまいます。
したがって、原稿は必ずエンドレス柄になっている必要があります。

マスキングデジテープ面付けイメージ(面付け例:テープ幅15mm)
マスキングデジテープ面付けイメージ

エンドレス柄とは、テープの上下左右が繰り返しパターンとしてスムーズに繋がるデザインのことです。エンドレス柄にするには、以下のA、B、C、D、Eパターンの5つの方法があります。

【Aパターン】外トンボまでを色ベタにする

エンドレス柄にするためにもっとも簡単な方法は、下図のように外トンボまでを色ベタにすることです。

ベタにする際の作成例

文字やロゴ、イラストなどを配置する際は、下図のようにテープ端から2mmの領域をベタにしていただくと安心です。
ベタの領域

テープ幅15mmの場合。白線がカットラインです。

【Bパターン】上下左右に繰り返す背景にする

下記の例のようなストライプなど、上下左右に繰り返す背景でもOKです。このとき、背景の柄は、外トンボまでヌリタシておいてください。

エンドレス作成例

【Cパターン】総柄テンプレートを使用する

総柄テンプレートをご利用いただくと、以下のようにテープの上下がベタやエンドレスでなくとも作成できます。このとき、どの部分でカットされても問題ないデザインで原稿を作成してください。

総柄作成例

【Dパターン】背合わせの面付けでエンドレス柄になるデザインにする

下記のように、テープを背合わせで面付けするとエンドレス柄になるデザインでも印刷できます。 なお、このデザインで印刷する場合、テープの巻方向が左のものと右のものが半数ずつになります。ご注意ください。

エンドレス作成例
上記原稿で面付けを行うと以下のイメージになります。

【Eパターン】ダブルカットオプションを利用する

テープ幅より大きな図柄が配置されているか、エンドレス柄になっていない原稿は、ダブルカットオプション(有料)をご利用いただく条件で入稿をお受けします。詳しくはこちらをご覧ください。